ʥӥ

 

当サイト『海上釣掘ism(イズム)』は、海上釣堀専門サイトです。

海上釣堀のシステムや海上釣堀の魅力から、 タックルと仕掛けについて、良いポイントの選び方、 練りエサ・活きエサについて、エサの付け方、 タナ取りの仕方、上手な取り込み方、アタリの出方、 ターゲット別の狙い方、釣れないときの対処法など

状況に応じた釣り方や海上釣堀で爆釣するコツを、

そして、海上釣堀に関する注意点マナーについて、

その他、海上釣堀の豆知識といったお役立ち情報まで公開します。

海上釣掘のことなら『海上釣掘ism(イズム)』に  お任せ下さい!

さぁ、海上釣堀を、一緒に楽しみましょう!

 

海上釣堀の魅力海上釣堀で釣れる高級魚海上釣堀のルールやマナーから
海上釣堀のタックルと仕掛け練りエサ・活きエサ海上釣堀のポイントの選び方
タナ取りアタリの出方取り込み方ターゲット別の狙い方や海上釣堀爆釣テクニック  など

海上釣堀に必要な豆知識を解説します。

※ 当ページの最下部に詳しい説明がございますので、参考にして下さい。

 

 

  • 海上釣掘サイト
  • 海上釣堀情報サイト(全国釣り堀マップなど)

>> 詳しくはコチラ

  • 海上釣掘ブログ
  • 海上釣堀ブログ~海上釣堀釣り名人が本気で教えるで!

>> 詳しくはコチラ

  • 海上釣掘を徹底攻略
  • 海上釣堀を徹底攻略!名人直伝の釣り堀必釣テクニック

>> 詳しくはコチラ

 

  • シーバス釣りism
  • シーバス釣りism

  • エギング(アオリイカ釣り)ism
  • エギング(アオリイカ釣り)ism

  • チヌ(黒鯛)釣りism
  • チヌ(黒鯛)釣りism

  • グレ(メジナ)釣りism
  • グレ(メジナ)釣りism

  • 太刀魚(タチウオ)釣りism
  • 太刀魚(タチウオ)釣りism

  • ハネ(スズキ・フッコ)釣りism
  • ハネ(スズキ・フッコ)釣りism

  • メバル釣りism
  • メバル釣りism

  • キス釣りism
  • キス釣りism

  • 鮎(アユ)釣りism
  • 鮎(アユ)釣りism

  • ヘラブナ釣りism
  • ヘラブナ釣りism

  • ブラックバス釣りism
  • ブラックバス釣りism

 
戻るボタン 進むボタン

海上釣掘豆知識

海上釣堀の魅力

海上釣堀の魅力とは、高級魚をザクザクと釣り上げる楽しさです。

川釣りで手のひらほどの小魚しか釣れなかった人でも、
海上釣堀ではビックリするような大物を釣り上げることが可能です。

テクニックは必要ですが、腕の力が弱い女性や子供でも釣り上げられます。

マダイ、シマアジ、カンパチ、ヒラメなどは、船を持っている漁師でもなければ、

一般の人が気軽に釣れる魚ではありません。

ですが海上釣堀なら、あらかじめ生け簀の中に放たれた高級魚を、
腕次第でいくらでも釣り上げられるのですから、面白いことこの上ありません。

天気のいい日に、家族や気の合う仲間たちと、きらめく青い海を眺めながら釣りをするのは
とても気持ちがいいものです。

自然とふれあいながら、アタリに一喜一憂し、わいわいと楽しむうちに、
お互いの絆も深まります。

釣り上げた獲物を並べて満足した後は、高級魚を調理して食べるお楽しみまで
ついてきます。

まさに一石二鳥、三鳥のレジャーです。

海上釣堀で釣れる高級魚

海上釣堀は、海の真ん中に人口のいけすを作った釣堀です。

そのため、海上釣堀で釣りを楽しむには、魚を放流する必要があります。

海上釣堀では通常1日に1~2回、魚の放流を行います。

放流された魚を釣り上げて釣りを楽しむのですが、いったいどのような魚が釣れるのでしょう。

場所やシーズンによっても魚の種類は異なりますが、代表的な魚には
マダイ・イサギ・ハマチ・カンパチ・ヒラマサ・イシダイ・グレ・シマアジ・スズキ・ヒラメ
などがあげられます。

色んな魚が一箇所で釣り上げることができますので、初めて釣りを
お楽しみになる方にも大好評です。

海上釣堀で大きな釣果を残すためには、エサの選び方から釣りの方法まで
幅広い知識とノウハウがポイントになります。

テクニックが上達すると、今までに見たことがないような大物を釣り上げることが

できるかもしれません。

海上釣堀のルール

ご利用される海上釣堀により、ルールは異なりますが、ほとんどの海上釣堀で
共通しているルールがあります。

・竿は一人一本まで。
・針は1本針。
・ルアーや集魚器の使用は禁止。
・マキエは禁止。
・使用できるエサに制限がある。
・青物がかかった場合は釣れていない人は仕掛けを上げる。
 ※ お祭り状態を防止するため。

特に、青物がかかった場合、周囲の釣り人は糸が絡まないように竿を上げてしまうので、
その間釣ることができません。

もし、青物がかかった場合はすみやかに引き上げることもマナーの一つです。

また、魚を集めて釣れば効率的ですが、マキエは禁止されています。

海上釣堀のマナー

海上釣堀のルールとは別に、釣り人としてのマナーというものが存在します。

マナーと言っても難しいことはありません。

「自分がされたら、嫌だな」と思うことを人にはしないように気をつければ、
大きな問題は起きないでしょう。
また、子供の場合はある程度仕方ありませんが、海上釣堀でふざけて大声を出したり
走り回ったりすることは周囲の迷惑になるだけではなく、事故の原因にもなりかねません。

小さなお子さんを連れて行く場合は、十分に注意しましょう。

【釣りの際に守るべきマナー】

・立ち入り禁止区域には絶対に入らないこと。
・ゴミは設置されているゴミ箱に入れるか持ち帰ること。
・タバコのポイ捨てはしない。
・他人のポイントに仕掛けを入れない。
・先に釣りをしている人がいたら、挨拶をする。
・大きな声を出したり、ふざけたりしない。

釣行前の準備

海上釣堀に行こうと思ったら、何事も、事前の下準備が肝心です。

利用する海上釣り堀場について、以下の項目をチェックしてみて下さい。

・希望日を予約する
・レンタルできる釣り具や備品を確認する
・利用できるエサの種類を確認する
・営業時間とルールの確認
・利用料金を確認
・魚の放流回数と時間帯を確認

釣行の当日は、スタッフに前日の釣果やアタリのあったエサの種類、水温、
狙い目のタナなどの情報を仕入れて下さい。

その海上釣堀特有のクセがありますので、スタッフに聞けば確実です。

あるいは常連客にさりげなく聞いてみてもいいでしょう。

海上釣堀のタックルと仕掛け

海上釣り堀で使用する一般的なタックルは、大体以下のようになっています。

ロッド
磯竿3号~4号、船竿なら30号~50号

リール
スピニングリール3000~4000番程度

道糸
ナイロン製5号以上

オモリ
クッション付きのオモリ6号以上

ウキ
1~3号の棒ウキ

ハリス
3号~8号


伊勢尼10~12号程度

海上釣り堀の定番の魚はマダイ、シマアジ、青物等があります。

それぞれに習性が違いますので、タックルと仕掛けは使い分けなければいけません。

名人級の釣り人であれば三種類の仕掛けを作っている人もいますが、
基本的にはマダイ・シマアジ用のタックルと青物用のタックルがあれば十分です。

青物は引きが強く、タックルもそれに合わせて頑丈で青物のパワーに対抗できる
仕掛けが必要になります。

なお、釣り堀によっては「竿は1本のみ」と定めているところがあります。

その場合は2本の竿を用意し、状況に合わせて交互に使用して下さい。

海上釣堀の練りエサ

海上釣堀では、普段、練りエサを使用していることが多いようです。

この場合、魚も練りエサに対する警戒心が薄く、よく食いついてくるのでぜひ活用しましょう。

練りエサは、水中でバラケ、魚たちを強力に引き寄せてくれる効果があります。

練りエサは市販のものがたくさんでていますが、熟練者は独自の配合で団子を
作っていることもあります。

生ミック

代表的な練りエサの一つです。
基本的な原材料はエビで、小麦粉や魚粉、サナギ粉等を混ぜ合わせています。
成分は秘密にされているようです。

イワシ団子

イワシのすり身と穀物を練り合わせたダンゴです。
マダイ、青物の両方に利用できます。

オキアミ団子

オキアミを団子状にした練りエサです。
通常のオキアミと同じく、集魚効果が高いようです。

海上釣堀の活きエサ

活きエサは、文字通り生きたエサです。
主に、青物狙いの場合、使用します。

活アジ、活イワシ

イワシの方がアジよりも動きが活発で、青物もよく食いつくようです。
ただ、イワシの方がアジよりもコストが高くつきます。
また、イワシはデリケートですぐに死んでしまい、泳がせ釣りをするには難しいです。
活きエサではありませんが、「生きエサ」もあります。

シラサエビ

淡水エビで体長3~5cm程度、釣りエサとして重宝されています。

オキアミ

エビの仲間で、体長わずか体長1~5センチ程度。

イワシの切り身

活イワシほどではないものの、よく釣れる。
冷凍ものでも可。

イカ

小さいイカが抜群のエサとなってくれます。
釣りエサ用の蛍イカがいいでしょう。
夏場には腐りやすいので注意が必要です。

エサの付け方

海上釣堀ではマキエが禁止されており、1本針に制限されているため、
エサを直接針に刺して魚を引き寄せる必要があります。

基本的に、刺すタイプのエサは、できるだけ目立つように刺します。

エサごとに刺し方のコツがありますので、ご参照下さい。

● エビの刺し方

・鼻掛け
 頭部に針先を少し出すようにスッと刺す。

・チョン掛け
 エビの尾の付け根に刺す。
 針先がエビの腹に向かないよう注意。

・ホオ掛け
 エビの頬に当たる部分に刺す。

・通し刺し
 エビの尾の付け根から2節程度通すように刺す。

● ダンゴエサ系の刺し方

ダンゴエサは、針先を少し出すようにして刺すと掛かりが良くなります。

ただ、スレた魚が多い場合には、針先を隠しましょう。

ただし、この場合、掛かりが少し悪くなります。

● 活き餌(活アジなど)

針を口から入れて背で抜くか、目や頭に刺してそのまま抜く方法があります。

海上釣堀のポイントの選び方

一般に、放流が行われた場所の近くはあまり良くないポイントとされています。

また、人影が見えると魚は警戒するので、晴れよりは曇り、そして自分の影が
魚からは見えない場所の方がいいとも言われているようです。

また、魚がいるタナを正確に探り当てることが重要です。

放流直後の魚はエサを十分に与えられていないため、
タナが少しずれていても、上から順に攻めていればアタリがきます。

生け簀の中はネットになっているので、中心部が一番深いタナとなっています。

魚の種類ごとに居場所が異なりますので、注意しましょう。

マダイ

青物が来ないエリアに固まっていることが多い。

ネットの底から約50cmくらい上を狙います。
ネットに引っかからないように気をつけて下さい。

生け簀の中央部も狙い目です。

また、潮上にいることも多いようです。

青物

青物は生け簀の中をグルグルと回遊しながら泳いでおり、
どちらかというと潮下の浮遊物が溜まっている辺りが狙い目になっています。

浮遊物がなく、どこが潮下かわからない場合は、魚の群れが泳いでいる方向を見て下さい。

魚は潮に逆らって泳ぎますので、泳ごうとしている方向が潮下になります。

海上釣堀のタナ取り

タナ取りは面倒かもしれませんが、爆釣するためには欠かせない作業です。

タナ取りができなければ、アタリも来なくなります。

ここをいい加減にしてしまうと、まぐれのアタリしか得られませんので、
しっかりと行って下さい。

水深を正確につかむことで、狙った魚の位置を特定できます。

また、魚には傾斜を好む傾向があり、生け簀のネットの傾斜に群れが固まっている
場合もあります。

もし、ご自身でタナ取りが難しいようであれば、あらかじめ釣り堀のスタッフに
タナの深さを聞いてみると良いでしょう。

市販のタナ取り器を使うか、またはカウンターの付いていないリールの場合は、
ウキ止めゴムの上にもう一つウキ止めをつけて目印とします。

ウキを使用した場合、タナを探るにはウキ止めの位置を変える必要があります。

ウキを使用しない仕掛けでは、タナを広範囲で探ることが可能です。

こまめにタナを探りたい場合は、ウキを使用しない方が便利ですが、
アタリが来たときにアワセるのが難しくなります。

海上釣堀のアタリの出方

アタリの出方には2種類あります。

前アタリ

ウキが軽く、コンッと突つかれるような動きに続き、キュッとトップまで
ウキが沈む状態を「前アタリ」と言って、ここでアワセるのはまだ早い段階です。

アワセが早すぎると、口にしっかりかからなかったり、魚が警戒して去ってしまいます。

本アタリ

前アタリの後、ググっとウキが静かに海中に引き込まれるような動きがあれば、
「本アタリ」です。

ここでアワセれば魚の口に針がしっかりとかかります。

アタリが来ない原因

アタリが来ない原因は、いくつかあります。

・周囲で誰かがバラシをやった、あるいは自分がバラシた。
・タナを誤っている、もしくはちゃんとタナを計っていない。
・今使っているエサが魚にとって魅力がない。
・潮の変化、水温の低下などにより魚の活性自体が鈍い。
・魚が固まっているポイントを正確に狙えていない。
・ターゲットに合わせたタックルを使っていない。

海上釣堀の取り込み方

ポンピング

アタリが来た後、タイミング良くアワセることができたら、後は取り込むだけです。

大物がかかった場合に慌てて一気にリールを巻き上げようとすると、道糸や
ハリスが切れてしまったり、魚が暴れた時にロッドが折れてしまう原因となります。

そのため、程よいタイミングでリールを巻き上げ、少しずつ手前に魚を
引き寄せることが重要です。

そこで、魚がかかったら竿を立て、余分な道糸を巻き取って糸をピンと張りながら
また魚を引き寄せます。

この動作をポンピングと言います。

ゴリ巻き

ポンピングが少しずつ魚を手前に引き寄せる方法とすると、
ゴリ巻きはパワーに任せてリールを巻けるだけ巻くやり方ですので、
強度の高いタックルでなければ成功しません。

か弱いタックルだとロッドが折れたり、道糸が切れてしまうので、ご注意下さい。

初心者はポンピングで慣れてから、こちらのやり方を試してみましょう。

コツとしては、ロッドを固定させることです。

ターゲット別の狙い方

海上釣堀のターゲット別の狙い方を紹介します。

マダイ・シマアジを狙う

道糸はナイロン製が弾力があり、オススメです。

PE製は強度が高いというメリットはありますが、絡まりやすく初心者には扱いづらいので
注意しましょう。

・狙うタナ : 網の傾斜、底狙い
・エサ : 魚ダマ、生ミック、オキアミ、エビ、青虫など
・ロッド : 磯竿3号、船竿なら30号
・リール : スピニングリール3000程度
・道糸 : ナイロン製5号以上
・オモリ : クッション付きのオモリ
・ウキ : 2~3号の棒ウキ
・ハリス : 3号~5号
・針 : 伊勢尼10号

青物を狙う

青物の引きの強さに慣れてしまうと、マダイ程度の引きでは満足できなくなるでしょう。

か弱いタックルでは逃げられてしまうので、強度の高いものを使用します。

オモリも活き餌を使用するため、6号以上のものがいいでしょう。

軽すぎるとお祭りが発生する可能性が高くなります。

・狙うタナ : 中間~浅め狙い
・エサ : イワシの切り身、活アジなど
・ロッド : 磯竿4号、船竿なら50号
・リール : スピニングリール4000番程度
・道糸 : ナイロン製7~8号
・オモリ : クッション付きのオモリ6号以上
・ウキ : 5~6号の棒ウキ
・ハリス : 6号~8号
・針 : 伊勢尼12号

バラシてしまう原因

「バラシ」とは、かかった魚を釣り上げるときに、逃がしてしまうことです。

大きな音を立てて魚が水中に落ちると、その周辺の魚たちは逃げてしまい、
警戒心も高まってしまいます。

海上釣堀では特に、周囲にたくさんの釣り人が並んでいるので、
このバラシをしてしまうと大きな迷惑をかけてしまいます。

バラそうと思ってバラシてしまう釣り人はいませんので、致し方ない面もありますが、
何点か注意することで、バラす確率を減らすことができます。

【バラシてしまう原因】

1.タックルの作り方が甘い

狙うターゲットにより、タックルを変えますが、糸がヨレていたり、
絡まったまま釣っていると、せっかくアタリが来ても逃げられてしまいます。

面倒くさがってはいい釣りができません。

2.アワセが下手

アワセのタイミングが早すぎたり、あるいは遅すぎると、魚の口に針がしっかりかからず、
引き上げの際にバラシてしまう原因になります。

アタリが来たら、思い切りアワセ、針を確実にかけるようにするといいでしょう。

3.竿が寝ている

せっかく上手にアワセて魚の口にしっかりと針がかかっても、竿がちゃんと
立っていないと釣り上げられるものも釣り上げられません。

上体をそらすほどに竿を立て、魚の勢いをそいでから引き上げて下さい。

海上釣堀爆釣テクニック

海上釣堀では抽選で釣り座を決めるので、「ここがいい!」と自分でポイントを
選定することはできません。

ですが、どんな釣り座であっても、魚がいそうな場所を推理して狙うことはできます。

魚がいるタナは、ターゲットにより異なります。

マダイを狙う場合は、基本的に底を探って下さい。

水温が高く、活性のいい日は、やや底から上に上がってきます。

青物は比較的浅いタナを狙いますが、
活性の高い時は隈無く生け簀の中を泳ぎ回っています。

釣れている人が近くにいれば、その人と同じタナで狙ってみて下さい。

また、時間帯としては、放流直後が一番魚の活性が高いです。

タイミングを逃さずに竿を入れると、爆釣できます。

海上釣堀では様々な種類のエサを使用しますが、その日によって
アタリの来るエサは変わります。

昨日はオキアミで爆釣したとしても、今日は無反応ということも珍しくはありません。

「どのエサが釣れるのか」は、その日の魚の気分次第です。

こればかりは使ってみないとわかりませんので、あらかじめ
色々なエサを準備して試してみるといいでしょう。

釣れないときの対処法

海上釣堀は運に任せる釣りではありません。

爆釣するためには、魚たちの心理や習性を知り尽くす必要があります。

天候や自然現象により魚の活性そのものが鈍い日というのはどうしてもありますが、
そうでなければちょっとした工夫をすることで、急にアタリがやってくることがあります。

釣れないときにできる対処方法として、まずエサをローテーションしてみることです。

魚たちの好みは日ごとに変化します。

急に活性が高くなったら、そのエサが本日のアタリのエサとなります。

また、タナを変えてみるのも一つの方法です。

ウキ止めをいちいち直すのが面倒であれば、ウキを外したタックルでタナを
探ってみてもいいでしょう。

海上釣堀では一日に数回、放流が行われます。

たとえあなたが、手が滑ってバラシをやってしまい、魚に警戒心をもたれて
しまった場合でも、再度放流が行われればアタリが来る確率が高くなります。
タイミングを逃さないように気をつけましょう。