エサの付け方


エサは海上釣堀で重要な要素

海上釣堀ではマキエが禁止されており、1本針に制限されているため、
エサを直接針に刺して魚を引き寄せる必要があります。

基本的に、刺すタイプのエサは、できるだけ目立つように刺します。

エサごとに刺し方のコツがありますので、ご参照ください。

エビの刺し方

鼻掛け

頭部に針先を少し出すようにスッと刺す。

チョン掛け

エビの尾の付け根に刺す。
針先がエビの腹に向かないよう注意。

ホオ掛け

エビの頬に当たる部分に刺す。

通し刺し

エビの尾の付け根から2節程度通すように刺す。

ダンゴエサ系の刺し方

ダンゴエサは、針先を少し出すようにして刺すと掛かりが良くなります。

ただ、スレた魚が多い場合には、針先を隠しましょう。

ただしこの場合、掛かりが少し悪くなります。

活き餌(活アジなど)

針を口から入れて背で抜くか、目や頭に刺してそのまま抜く方法があります。

タグ

最新情報