上手な取り込み方


ポンピングとは?

アタリが来た後、タイミング良くアワセることができたら、後は取り込むだけです。

大物がかかった場合に慌てて一気にリールを巻き上げようとすると、
道糸やハリスが切れてしまったり、魚が暴れた時にロッドが折れてしまう原因となります。

そのため、程よいタイミングでリールを巻き上げ、
少しずつ手前に魚を引き寄せることが重要です。

そこで、魚がかかったら竿を立て、余分な道糸を巻き取って
糸をピンと張りながらまた魚を引き寄せます。

この動作をポンピングと言います。

ゴリ巻きとは?

ポンピングが少しずつ魚を手前に引き寄せる方法とすると、
ゴリ巻きはパワーに任せてリールを巻けるだけ巻くやり方ですので、
強度の高いタックルでなければ成功しません。

か弱いタックルだとロッドが折れたり、道糸が切れてしまうので、ご注意ください。

初心者はポンピングで慣れてから、こちらのやり方を試してみましょう。

コツとしては、ロッドを固定させることです。

タグ

最新情報