釣れないときの対処法


釣れないときこそ、頭を使う

海上釣堀は運に任せる釣りではありません。

爆釣するためには、魚たちの心理や習性を知り尽くす必要があります。

天候や自然現象により魚の活性そのものが鈍い日というのはどうしてもありますが、
そうでなければちょっとした工夫をすることで、急にアタリがやってくることがあります。

釣れないときにできる対処方法として、まずエサをローテーションしてみることです。

魚たちの好みは日ごとに変化します。

急に活性が高くなったら、そのエサが本日のアタリエサとなります。

また、タナを変えてみるのも一つの方法です。

ウキ止めをいちいち直すのが面倒であれば、
ウキを外したタックルでタナを探ってみてもいいでしょう。

釣れるチャンスは必ずやってくる

海上釣堀では一日に数回、放流が行われます。

たとえあなたが、手が滑ってバラシをやってしまい、
魚に警戒心をもたれてしまった場合でも、
再度放流が行われればアタリが来る確率が高くなります。

タイミングを逃さないように気をつけましょう。

タグ

最新情報