海上釣堀情報


海上釣堀のタックル

海上釣堀にかかわらず、どのような釣りであれ、始めるにあたっては
まず道具タックルが重要になってきます。

ひと口に「釣り」といってもその種類は多岐にわたり、
海上釣堀で楽しむなら、それに合った釣り具を揃えなければなりません。

もちろん、他の釣りと共用できるものもありますが、
専用の道具のほうが使いやすく、釣果が上がるのは言うまでもありません。

では、まず何を揃えればいいのでしょうか?

これはやはり海上釣堀に精通している経験者に
アドバイスを受けるのが一番でしょう。

経験者が身近にいない場合は、釣具店やフィッシングショップが頼りになります。

なかには「海上釣堀コーナー」を設けているショップもあるので、
ショップのスタッフに相談してみるといいでしょう。

海上釣堀での釣りは、「マダイ狙い」と
カンパチなどの「大型青物狙い」の2つに分類されます。

1つのタックルで共用することも可能ですが、無理があります。

それぞれに合った2種類のタックルを用意することで、
余裕を持って釣りを楽しむことができます。

海上釣堀の仕掛け

海上釣堀の仕掛けには、ウキはもちろん、クッション付きオモリ、ハリス、
ハリまでがセットになったものもあります。

初心者はこうしたものを使って慣れてきたら、
自分の好みに合わせて個別に揃えていくといいでしょう。

「釣り」というものがわかるようになると、次第に「こだわり」が生まれるものです。

初めは糸付きバリを使っていたのが、
いつの間にか自分でバラバリに糸を結べるようになるでしょう。

こうなると、さらに釣りが楽しくなります。

ハリの形の違いにも思いが及ぶようになりますし、
ウキの「感度がいい」という意味がわかるようになります。

そのころにはもうあなたは立派な「釣り師」といっていいでしょう。

海上釣堀に何度か足を運ぶうちに、
腕をしびれさせる魚の疾走に魅了されることでしょう。

どこの海上釣堀でも、ほぼ同じタックルで楽しむことができますが、
初めは同じ海上釣堀に通い、そこでの釣りに精通するよう努めましょう。

そして、慣れてきたら「武者修行」に出ましょう。

様々な海上釣堀を知ることによって、
いかなる状況にも対応できるようになるはずです。

タグ

最新情報