状況に応じた釣り方


天候と潮の流れを読む

生け簀の中の魚を釣るとは言え、魚の活性はその日の天候や水温、潮の流れによって変化します。

気温の低い日であれば、日射しのある場所の水温が高くなるので、
魚たちは少しでも温度の高い場所に集まります。

また、魚には水の流れに逆らって泳ぐ性質があるので、
潮上を狙うことでアタリを得る確立が高くなります。

エサをローテーションする

魚の活性も悪くないし、隣の人は釣れている。
だが、自分だけが釣れない…。

そんな状況になったときはエサを変えてみると反応が良くなることがあります。

魚の反応は常に一様ではなく、状況に合わせた釣りをする必要があります。

もし、あなただけが釣れていない場合、周囲の人が使用している
エサやタックルにも注目してください。

釣れている人のマネをするのも、一つの手段です。

タグ

最新情報