海上釣堀で爆釣するコツ


魚がいる場所を特定する


海上釣堀では抽選で釣り座を決めるので、「ここがいい!」と自分でポイントを選定することはできません。

ですが、どんな釣り座であっても、魚がいそうな場所を推理して狙うことはできます。

魚がいるタナは、ターゲットにより異なります。

マダイを狙う場合は、基本的に底を探ってください。

水温が高く、活性のいい日は、やや底から上に上がってきます。

青物は比較的浅いタナを狙いますが、活性の高い時は隈無く生け簀の中を泳ぎ回っています。

釣れている人が近くにいれば、その人と同じタナで狙ってみてください。

また、時間帯としては、放流直後が一番魚の活性が高いです。

タイミングを逃さずに竿を入れると、爆釣できます。

アタリの来るエサを見つけ出す


海上釣堀では様々な種類のエサを使用しますが、
その日によってアタリの来るエサは変わります。

昨日はオキアミで爆釣したとしても、今日は無反応ということも珍しくはありません。

「どのエサが釣れるのか」は、その日の魚の気分次第です。

こればかりは使ってみないとわかりませんので、
あらかじめ色々なエサを準備して試してみるといいでしょう。

タグ

最新情報