タナ取りをしっかりする


爆釣するために欠かせない作業

タナ取りは面倒かもしれませんが、爆釣するためには欠かせない作業です。

タナ取りができなければ、アタリも来なくなります。

ここをいい加減にしてしまうと、まぐれのアタリしか得られませんので、
しっかりと行ってください。

水深を正確につかむことで、狙った魚の位置を特定できます。

また、魚には傾斜を好む傾向があり、生け簀のネットの傾斜に群れが
固まっている場合もあります。

もし、ご自身でタナ取りが難しいようであれば、
あらかじめ釣り堀のスタッフにタナの深さを聞いてみると良いでしょう。

タナの取り方

市販のタナ取り器を使うか、またはカウンターの付いていないリールの場合は、
ウキ止めゴムの上にもう一つウキ止めをつけて目印とします。

ウキを使用した場合、タナを探るにはウキ止めの位置を変える必要があります。

ウキを使用しない仕掛けでは、タナを広範囲で探ることが可能です。

こまめにタナを探りたい場合は、ウキを使用しない方が便利ですが、
アタリが来たときにアワセるのが難しくなります。

タグ

最新情報