タナの取り方

市販のタナ取り器を使うか、またはカウンターの付いていないリールの場合は、
ウキ止めゴムの上にもう一つウキ止めをつけて目印とします。

ウキを使用した場合、タナを探るにはウキ止めの位置を変える必要があります。

ウキを使用しない仕掛けでは、タナを広範囲で探ることが可能です。

こまめにタナを探りたい場合は、ウキを使用しない方が便利ですが、
アタリが来たときにアワセるのが難しくなります。

タグ

最新情報