アタリ


バラシてしまう原因

1.タックルの作り方が甘い

狙うターゲットにより、タックルを変えますが、糸がヨレていたり、
絡まったまま釣っていると、せっかくアタリが来ても逃げられてしまいます。

面倒くさがってはいい釣りができません。

2.アワセが下手

アワセのタイミングが早すぎたり、あるいは遅すぎると、
魚の口に針がしっかりかからず、引き上げの際にバラシてしまう原因になります。

アタリが来たら、思い切りアワセ、針を確実にかけるようにするといいでしょう。

3.竿が寝ている

せっかく上手にアワセて魚の口にしっかりと針がかかっても、
竿がちゃんと立っていないと釣り上げられるものも釣り上げられません。

上体をそらすほどに竿を立て、魚の勢いをそいでから引き上げてください。

釣れないときこそ、頭を使う

海上釣堀は運に任せる釣りではありません。

爆釣するためには、魚たちの心理や習性を知り尽くす必要があります。

天候や自然現象により魚の活性そのものが鈍い日というのはどうしてもありますが、
そうでなければちょっとした工夫をすることで、急にアタリがやってくることがあります。

釣れないときにできる対処方法として、まずエサをローテーションしてみることです。

魚たちの好みは日ごとに変化します。

急に活性が高くなったら、そのエサが本日のアタリエサとなります。

また、タナを変えてみるのも一つの方法です。

ウキ止めをいちいち直すのが面倒であれば、
ウキを外したタックルでタナを探ってみてもいいでしょう。

釣れるチャンスは必ずやってくる

海上釣堀では一日に数回、放流が行われます。

たとえあなたが、手が滑ってバラシをやってしまい、
魚に警戒心をもたれてしまった場合でも、
再度放流が行われればアタリが来る確率が高くなります。

タイミングを逃さないように気をつけましょう。

爆釣するために欠かせない作業

タナ取りは面倒かもしれませんが、爆釣するためには欠かせない作業です。

タナ取りができなければ、アタリも来なくなります。

ここをいい加減にしてしまうと、まぐれのアタリしか得られませんので、
しっかりと行ってください。

水深を正確につかむことで、狙った魚の位置を特定できます。

また、魚には傾斜を好む傾向があり、生け簀のネットの傾斜に群れが
固まっている場合もあります。

もし、ご自身でタナ取りが難しいようであれば、
あらかじめ釣り堀のスタッフにタナの深さを聞いてみると良いでしょう。

タナの取り方

市販のタナ取り器を使うか、またはカウンターの付いていないリールの場合は、
ウキ止めゴムの上にもう一つウキ止めをつけて目印とします。

ウキを使用した場合、タナを探るにはウキ止めの位置を変える必要があります。

ウキを使用しない仕掛けでは、タナを広範囲で探ることが可能です。

こまめにタナを探りたい場合は、ウキを使用しない方が便利ですが、
アタリが来たときにアワセるのが難しくなります。

アタリが来ない原因

アタリが来ない原因は、いくつかあります。

・周囲で誰かがバラシをやった、あるいは自分がバラシた。

・タナを誤っている、もしくはちゃんとタナを計っていない。

・今使っているエサが魚にとって魅力がない。

・潮の変化、水温の低下などにより魚の活性自体が鈍い。

・魚が固まっているポイントを正確に狙えていない。

・ターゲットに合わせたタックルを使っていない。

釣りの当日、スタッフから情報を仕入れる

釣行の当日は、スタッフに前日の釣果やアタリのあったエサの種類、水温、
狙い目のタナなどの情報を仕入れてください。

その釣り堀特有のクセがありますので、スタッフに聞けば確実です。

あるいは常連客にさりげなく聞いてみてもいいでしょう。

ポンピングとは?

アタリが来た後、タイミング良くアワセることができたら、後は取り込むだけです。

大物がかかった場合に慌てて一気にリールを巻き上げようとすると、
道糸やハリスが切れてしまったり、魚が暴れた時にロッドが折れてしまう原因となります。

そのため、程よいタイミングでリールを巻き上げ、
少しずつ手前に魚を引き寄せることが重要です。

そこで、魚がかかったら竿を立て、余分な道糸を巻き取って
糸をピンと張りながらまた魚を引き寄せます。

この動作をポンピングと言います。

魚が何を好むのか

一般に、放流が行われた場所の近くはあまり良くないポイントとされています。

また、人影が見えると魚は警戒するので、晴れよりは曇り、
そして自分の影が魚からは見えない場所の方がいいとも言われているようです。

また、魚がいるタナを正確に探り当てることが重要です。

放流直後の魚はエサを十分に与えられていないため、
タナが少しずれていても、上から順に攻めていればアタリがきます。

天候と潮の流れを読む

生け簀の中の魚を釣るとは言え、魚の活性はその日の天候や水温、潮の流れによって変化します。

気温の低い日であれば、日射しのある場所の水温が高くなるので、
魚たちは少しでも温度の高い場所に集まります。

また、魚には水の流れに逆らって泳ぐ性質があるので、
潮上を狙うことでアタリを得る確立が高くなります。

タグ

最新情報