ウキ


海上釣堀の仕掛け

海上釣堀の仕掛けには、ウキはもちろん、クッション付きオモリ、
ハリス、ハリまでがセットになったものもあります。

初心者はこうしたものを使って慣れてきたら、
自分の好みに合わせて個別に揃えていくといいでしょう。

「釣り」というものがわかるようになると、次第に「こだわり」が生まれるものです。

初めは糸付きバリを使っていたのが、
いつの間にか自分でバラバリに糸を結べるようになるでしょう。

こうなると、さらに釣りが楽しくなります。

ハリの形の違いにも思いが及ぶようになりますし、
ウキの「感度がいい」という意味がわかるようになります。

そのころにはもうあなたは立派な「釣り師」といっていいでしょう。

海上釣堀に何度か足を運ぶうちに、腕をしびれさせる魚の疾走に魅了されることでしょう。

どこの海上釣堀でも、ほぼ同じタックルで楽しむことができますが、
初めは同じ海上釣堀に通い、そこでの釣りに精通するよう努めましょう。

そして、慣れてきたら「武者修行」に出ましょう。

様々な海上釣堀を知ることによって、
いかなる状況にも対応できるようになるはずです。

アタリには2種類?

前アタリ

ウキが軽く、コンッと突つかれるような動きに続き、キュッとトップまでウキが沈む状態を
前アタリ」と言って、ここでアワセるのはまだ早い段階です。

アワセが早すぎると、口にしっかりかからなかったり、魚が警戒して去ってしまいます。

本アタリ

前アタリの後、ググっとウキが静かに海中に引き込まれるような動きがあれば、
本アタリ」です。

ここでアワセれば魚の口に針がしっかりとかかります。

海上釣堀でマダイ・シマアジを狙う

道糸はナイロン製が弾力があり、お勧めです。

PE製は強度が高いというメリットはありますが、
絡まりやすく初心者には扱いづらいので注意しましょう。

狙うタナ:網の傾斜、底狙い

エサ:魚ダマ、生ミック、オキアミ、エビ、青虫など

ロッド:磯竿3号、船竿なら30号

リール:スピニングリール3000程度

道糸:ナイロン製5号以上

オモリ:クッション付きのオモリ

ウキ:2~3号の棒ウキ

ハリス:3号~5号

:伊勢尼10号

海上釣堀で青物を狙う

青物の引きの強さに慣れてしまうと、マダイ程度の引きでは満足できなくなるでしょう。

か弱いタックルでは逃げられてしまうので、強度の高いものを使用します。

オモリも活き餌を使用するため、6号以上のものがいいでしょう。
軽すぎるとお祭りが発生する可能性が高くなります。

狙うタナ:中間~浅め狙い

エサ:イワシの切り身、活アジなど

ロッド:磯竿4号、船竿なら50号

リール:スピニングリール4000番程度

道糸:ナイロン製7~8号

オモリ:クッション付きのオモリ6号以上

ウキ:5~6号の棒ウキ

ハリス:6号~8号

:伊勢尼12号

タグ

最新情報