エサ


釣れないときこそ、頭を使う

海上釣堀は運に任せる釣りではありません。

爆釣するためには、魚たちの心理や習性を知り尽くす必要があります。

天候や自然現象により魚の活性そのものが鈍い日というのはどうしてもありますが、
そうでなければちょっとした工夫をすることで、急にアタリがやってくることがあります。

釣れないときにできる対処方法として、まずエサをローテーションしてみることです。

魚たちの好みは日ごとに変化します。

急に活性が高くなったら、そのエサが本日のアタリエサとなります。

また、タナを変えてみるのも一つの方法です。

ウキ止めをいちいち直すのが面倒であれば、
ウキを外したタックルでタナを探ってみてもいいでしょう。

海上釣堀の共通ルール

ご利用される釣り堀により、ルールは異なりますが、
ほとんどの釣り堀で共通しているルールがあります。

●竿は一人一本まで。

●針は1本針。

●ルアーや集魚器の使用は禁止。

●マキエは禁止。

●使用できるエサに制限がある。

●青物がかかった場合は釣れていない人は仕掛けを上げる。

 ※お祭り状態を防止するため。

特に、青物がかかった場合、周囲の釣り人は糸が絡まないように竿を上げてしまうので、
その間釣ることができません。

もし、青物がかかった場合はすみやかに引き上げることもマナーの一つです。

また、魚を集めて釣れば効率的ですが、マキエは禁止されています。

海上釣堀でマダイ・シマアジを狙う

道糸はナイロン製が弾力があり、お勧めです。

PE製は強度が高いというメリットはありますが、
絡まりやすく初心者には扱いづらいので注意しましょう。

狙うタナ:網の傾斜、底狙い

エサ:魚ダマ、生ミック、オキアミ、エビ、青虫など

ロッド:磯竿3号、船竿なら30号

リール:スピニングリール3000程度

道糸:ナイロン製5号以上

オモリ:クッション付きのオモリ

ウキ:2~3号の棒ウキ

ハリス:3号~5号

:伊勢尼10号

海上釣堀で青物を狙う

青物の引きの強さに慣れてしまうと、マダイ程度の引きでは満足できなくなるでしょう。

か弱いタックルでは逃げられてしまうので、強度の高いものを使用します。

オモリも活き餌を使用するため、6号以上のものがいいでしょう。
軽すぎるとお祭りが発生する可能性が高くなります。

狙うタナ:中間~浅め狙い

エサ:イワシの切り身、活アジなど

ロッド:磯竿4号、船竿なら50号

リール:スピニングリール4000番程度

道糸:ナイロン製7~8号

オモリ:クッション付きのオモリ6号以上

ウキ:5~6号の棒ウキ

ハリス:6号~8号

:伊勢尼12号

エサは海上釣堀で重要な要素

海上釣堀ではマキエが禁止されており、1本針に制限されているため、
エサを直接針に刺して魚を引き寄せる必要があります。

基本的に、刺すタイプのエサは、できるだけ目立つように刺します。

エサごとに刺し方のコツがありますので、ご参照ください。

エサをローテーションする

魚の活性も悪くないし、隣の人は釣れている。
だが、自分だけが釣れない…。

そんな状況になったときはエサを変えてみると反応が良くなることがあります。

魚の反応は常に一様ではなく、状況に合わせた釣りをする必要があります。

もし、あなただけが釣れていない場合、周囲の人が使用している
エサやタックルにも注目してください。

釣れている人のマネをするのも、一つの手段です。

アタリの来るエサを見つけ出す


海上釣堀では様々な種類のエサを使用しますが、
その日によってアタリの来るエサは変わります。

昨日はオキアミで爆釣したとしても、今日は無反応ということも珍しくはありません。

「どのエサが釣れるのか」は、その日の魚の気分次第です。

こればかりは使ってみないとわかりませんので、
あらかじめ色々なエサを準備して試してみるといいでしょう。

タグ

最新情報