オキアミ


海上釣堀の活きエサ

活きエサは、文字通り生きたエサです。

主に、青物狙いの場合、使用します。

活アジ、活イワシ

イワシの方がアジよりも動きが活発で、青物もよく食いつくようです。
ただ、イワシの方がアジよりもコストが高くつきます。
また、イワシはデリケートですぐに死んでしまい、泳がせ釣りをするには難しいです。

活きエサではありませんが、「生きエサ」もあります。

シラサエビ

淡水エビで体長3~5cm程度、釣りエサとして重宝されています。

オキアミ

エビの仲間で、体長わずか体長1~5センチ程度。

イワシの切り身

活イワシほどではないものの、よく釣れる。
冷凍ものでも可。

イカ

小さいイカが抜群のエサとなってくれます。
釣りエサ用の蛍イカがいいでしょう。
夏場には腐りやすいので注意が必要です。

海上釣堀の練りエサ

海上釣堀では、普段、練りエサを使用していることが多いようです。

この場合、魚も練りエサに対する警戒心が薄く、よく食いついてくるのでぜひ活用しましょう。

練りエサは、水中でバラケ、魚たちを強力に引き寄せてくれる効果があります。

練りエサは市販のものがたくさんでていますが、
熟練者は独自の配合で団子を作っていることもあります。

生ミック

代表的な練りエサの一つです。
基本的な原材料はエビで、小麦粉や魚粉、サナギ粉等を混ぜ合わせています。
成分は秘密にされているようです。

イワシ団子

イワシのすり身と穀物を練り合わせたダンゴです。
マダイ、青物の両方に利用できます。

オキアミ団子

オキアミを団子状にした練りエサです。
通常のオキアミと同じく、集魚効果が高いようです。

アタリの来るエサを見つけ出す


海上釣堀では様々な種類のエサを使用しますが、
その日によってアタリの来るエサは変わります。

昨日はオキアミで爆釣したとしても、今日は無反応ということも珍しくはありません。

「どのエサが釣れるのか」は、その日の魚の気分次第です。

こればかりは使ってみないとわかりませんので、
あらかじめ色々なエサを準備して試してみるといいでしょう。

タグ

最新情報