シマアジ


海上釣堀でマダイ・シマアジを狙う

道糸はナイロン製が弾力があり、お勧めです。

PE製は強度が高いというメリットはありますが、
絡まりやすく初心者には扱いづらいので注意しましょう。

狙うタナ:網の傾斜、底狙い

エサ:魚ダマ、生ミック、オキアミ、エビ、青虫など

ロッド:磯竿3号、船竿なら30号

リール:スピニングリール3000程度

道糸:ナイロン製5号以上

オモリ:クッション付きのオモリ

ウキ:2~3号の棒ウキ

ハリス:3号~5号

:伊勢尼10号

高級魚をザクザクと釣り上げる楽しさ

川釣りで手のひらほどの小魚しか釣れなかった人でも、
海上釣堀ではびっくりするような大物を釣り上げることが可能です。

テクニックは必要ですが、腕の力が弱い女性や子供でも釣り上げられます。

マダイ、ヒラメ、シマアジなどは、船を持っている漁師でもなければ、
一般の人が気軽に釣れる魚ではありません。

ですが海上釣堀なら、あらかじめ生け簀の中に放たれた高級魚を、
腕次第でいくらでも釣り上げられるのですから、面白いことこの上ありません。

ターゲットに合わせてタックルと仕掛けを変える

海上釣堀の定番の魚はマダイ、シマアジ、青物等があります。

それぞれに習性が違いますので、タックルと仕掛けは使い分けなければいけません。

名人級の釣り人であれば三種類の仕掛けを作っている人もいますが、
基本的にはマダイ・シマアジ用のタックルと青物用のタックルがあれば十分です。

青物は引きが強く、タックルもそれに合わせて頑丈で青物のパワーに
対抗できる仕掛けが必要になります。

なお、釣り堀によっては「竿は1本のみ」と定めているところがあります。

その場合は2本の竿を用意し、状況に合わせて交互に使用してください。

タグ

最新情報