タックル


バラシてしまう原因

1.タックルの作り方が甘い

狙うターゲットにより、タックルを変えますが、糸がヨレていたり、
絡まったまま釣っていると、せっかくアタリが来ても逃げられてしまいます。

面倒くさがってはいい釣りができません。

2.アワセが下手

アワセのタイミングが早すぎたり、あるいは遅すぎると、
魚の口に針がしっかりかからず、引き上げの際にバラシてしまう原因になります。

アタリが来たら、思い切りアワセ、針を確実にかけるようにするといいでしょう。

3.竿が寝ている

せっかく上手にアワセて魚の口にしっかりと針がかかっても、
竿がちゃんと立っていないと釣り上げられるものも釣り上げられません。

上体をそらすほどに竿を立て、魚の勢いをそいでから引き上げてください。

釣れないときこそ、頭を使う

海上釣堀は運に任せる釣りではありません。

爆釣するためには、魚たちの心理や習性を知り尽くす必要があります。

天候や自然現象により魚の活性そのものが鈍い日というのはどうしてもありますが、
そうでなければちょっとした工夫をすることで、急にアタリがやってくることがあります。

釣れないときにできる対処方法として、まずエサをローテーションしてみることです。

魚たちの好みは日ごとに変化します。

急に活性が高くなったら、そのエサが本日のアタリエサとなります。

また、タナを変えてみるのも一つの方法です。

ウキ止めをいちいち直すのが面倒であれば、
ウキを外したタックルでタナを探ってみてもいいでしょう。

アタリが来ない原因

アタリが来ない原因は、いくつかあります。

・周囲で誰かがバラシをやった、あるいは自分がバラシた。

・タナを誤っている、もしくはちゃんとタナを計っていない。

・今使っているエサが魚にとって魅力がない。

・潮の変化、水温の低下などにより魚の活性自体が鈍い。

・魚が固まっているポイントを正確に狙えていない。

・ターゲットに合わせたタックルを使っていない。

海上釣堀で青物を狙う

青物の引きの強さに慣れてしまうと、マダイ程度の引きでは満足できなくなるでしょう。

か弱いタックルでは逃げられてしまうので、強度の高いものを使用します。

オモリも活き餌を使用するため、6号以上のものがいいでしょう。
軽すぎるとお祭りが発生する可能性が高くなります。

狙うタナ:中間~浅め狙い

エサ:イワシの切り身、活アジなど

ロッド:磯竿4号、船竿なら50号

リール:スピニングリール4000番程度

道糸:ナイロン製7~8号

オモリ:クッション付きのオモリ6号以上

ウキ:5~6号の棒ウキ

ハリス:6号~8号

:伊勢尼12号

ゴリ巻きとは?

ポンピングが少しずつ魚を手前に引き寄せる方法とすると、
ゴリ巻きはパワーに任せてリールを巻けるだけ巻くやり方ですので、
強度の高いタックルでなければ成功しません。

か弱いタックルだとロッドが折れたり、道糸が切れてしまうので、ご注意ください。

初心者はポンピングで慣れてから、こちらのやり方を試してみましょう。

コツとしては、ロッドを固定させることです。

エサをローテーションする

魚の活性も悪くないし、隣の人は釣れている。
だが、自分だけが釣れない…。

そんな状況になったときはエサを変えてみると反応が良くなることがあります。

魚の反応は常に一様ではなく、状況に合わせた釣りをする必要があります。

もし、あなただけが釣れていない場合、周囲の人が使用している
エサやタックルにも注目してください。

釣れている人のマネをするのも、一つの手段です。

一般的なタックル

海上釣堀で使用する一般的なタックルは、大体以下のようになっています。

●ロッド:磯竿3号~4号、船竿なら30号~50号

●リール:スピニングリール3000~4000番程度

●道糸:ナイロン製5号以上

●オモリ:クッション付きのオモリ6号以上

●ウキ:1~3号の棒ウキ

●ハリス:3号~8号

●針:伊勢尼10~12号程度

ターゲットに合わせてタックルと仕掛けを変える

海上釣堀の定番の魚はマダイ、シマアジ、青物等があります。

それぞれに習性が違いますので、タックルと仕掛けは使い分けなければいけません。

名人級の釣り人であれば三種類の仕掛けを作っている人もいますが、
基本的にはマダイ・シマアジ用のタックルと青物用のタックルがあれば十分です。

青物は引きが強く、タックルもそれに合わせて頑丈で青物のパワーに
対抗できる仕掛けが必要になります。

なお、釣り堀によっては「竿は1本のみ」と定めているところがあります。

その場合は2本の竿を用意し、状況に合わせて交互に使用してください。

海上釣堀のタックル

海上釣堀にかかわらず、どのような釣りであれ、始めるにあたっては
まず道具タックルが重要になってきます。

ひと口に「釣り」といってもその種類は多岐にわたり、
海上釣堀で楽しむなら、それに合った釣り具を揃えなければなりません。

もちろん、他の釣りと共用できるものもありますが、
専用の道具のほうが使いやすく、釣果が上がるのは言うまでもありません。

では、まず何を揃えればいいのでしょうか?

これはやはり海上釣堀に精通している経験者に
アドバイスを受けるのが一番でしょう。

経験者が身近にいない場合は、釣具店やフィッシングショップが頼りになります。

なかには「海上釣堀コーナー」を設けているショップもあるので、
ショップのスタッフに相談してみるといいでしょう。

海上釣堀での釣りは、「マダイ狙い」と
カンパチなどの「大型青物狙い」の2つに分類されます。

1つのタックルで共用することも可能ですが、無理があります。

それぞれに合った2種類のタックルを用意することで、
余裕を持って釣りを楽しむことができます。

海上釣堀の仕掛け

海上釣堀の仕掛けには、ウキはもちろん、クッション付きオモリ、ハリス、
ハリまでがセットになったものもあります。

初心者はこうしたものを使って慣れてきたら、
自分の好みに合わせて個別に揃えていくといいでしょう。

「釣り」というものがわかるようになると、次第に「こだわり」が生まれるものです。

初めは糸付きバリを使っていたのが、
いつの間にか自分でバラバリに糸を結べるようになるでしょう。

こうなると、さらに釣りが楽しくなります。

ハリの形の違いにも思いが及ぶようになりますし、
ウキの「感度がいい」という意味がわかるようになります。

そのころにはもうあなたは立派な「釣り師」といっていいでしょう。

海上釣堀に何度か足を運ぶうちに、
腕をしびれさせる魚の疾走に魅了されることでしょう。

どこの海上釣堀でも、ほぼ同じタックルで楽しむことができますが、
初めは同じ海上釣堀に通い、そこでの釣りに精通するよう努めましょう。

そして、慣れてきたら「武者修行」に出ましょう。

様々な海上釣堀を知ることによって、
いかなる状況にも対応できるようになるはずです。

タグ

最新情報