バラシ


バラすと周囲に大迷惑

バラシ」とは、かかった魚を釣り上げるときに、逃がしてしまうことです。

大きな音を立てて魚が水中に落ちると、その周辺の魚たちは逃げてしまい、
警戒心も高まってしまいます。

海上釣堀では特に、周囲にたくさんの釣り人が並んでいるので、
このバラシをしてしまうと大きな迷惑をかけてしまいます。

バラそうと思ってバラシてしまう釣り人はいませんので、致し方ない面もありますが、
何点か注意することで、バラす確率を減らすことができます。

バラシてしまう原因

1.タックルの作り方が甘い

狙うターゲットにより、タックルを変えますが、糸がヨレていたり、
絡まったまま釣っていると、せっかくアタリが来ても逃げられてしまいます。

面倒くさがってはいい釣りができません。

2.アワセが下手

アワセのタイミングが早すぎたり、あるいは遅すぎると、
魚の口に針がしっかりかからず、引き上げの際にバラシてしまう原因になります。

アタリが来たら、思い切りアワセ、針を確実にかけるようにするといいでしょう。

3.竿が寝ている

せっかく上手にアワセて魚の口にしっかりと針がかかっても、
竿がちゃんと立っていないと釣り上げられるものも釣り上げられません。

上体をそらすほどに竿を立て、魚の勢いをそいでから引き上げてください。

釣れるチャンスは必ずやってくる

海上釣堀では一日に数回、放流が行われます。

たとえあなたが、手が滑ってバラシをやってしまい、
魚に警戒心をもたれてしまった場合でも、
再度放流が行われればアタリが来る確率が高くなります。

タイミングを逃さないように気をつけましょう。

アタリが来ない原因

アタリが来ない原因は、いくつかあります。

・周囲で誰かがバラシをやった、あるいは自分がバラシた。

・タナを誤っている、もしくはちゃんとタナを計っていない。

・今使っているエサが魚にとって魅力がない。

・潮の変化、水温の低下などにより魚の活性自体が鈍い。

・魚が固まっているポイントを正確に狙えていない。

・ターゲットに合わせたタックルを使っていない。

タグ

最新情報