海上釣堀


海上釣堀動画で釣果アップ!

海上釣堀動画で釣果アップ!

海上釣堀に行って、隣の人はばんばん釣果を上げているのに
自分の竿はぴくりともしない・・・。

そんな経験ないですか?

私はあります。

海上釣堀を始めた頃はビギナーズラックでそれなりに釣れていたのですが、
ある時期からぱったりと釣れなくなりました。

それでも海上釣堀が好きなので辛抱強くアタリを待っていたのですが、
このままでは釣れないと思い、とある海上釣堀動画を見ることにしました。

すると面白いほど釣果が上がり、ますます海上釣堀が楽しくなりました!

そのとある海上釣堀動画とは

海上釣堀名人直伝の釣り堀動画DVD講座

です。

釣り堀名人の坂口昇氏がテクニックを教えてくれる海上釣堀動画講座で、
私のように釣れないと悩んでいるアングラーに釣れるテクニックを教えてくれます。

名人の教えるテクニックに釣り年数は関係ありません。

初心者でもベテランでも誰でも
海上釣堀で釣果を上げられるテクニックを教えてくれます。

やっぱり釣りは釣れないことには楽しくありませんし、釣れるとホント楽しいですよね!

全ての海上釣堀ファンにオススメしたい海上釣堀動画です。

海上釣堀動画で釣れるテクニックを学ぶ!

海上釣堀動画で釣れるテクニックを学ぶ!

海上釣堀で釣りやすい時間帯は朝一と放流時です。

朝一は魚にとってエサを求める時間帯なので、活性化して食いつきがよくなります。

放流時も同じく活性化していますので、釣りやすい時間帯です。

この2つの時間帯でいかに釣果を上げられるかが海上釣堀の勝敗を分けます。

特に誰かと競うわけではありませんが、ボウズだとやっぱり負けた気がします。

ボウズにならずにどんどん魚を釣れるようになるためには、
釣り本に書いてあることだけを実践していたのでは十分ではありません。

本当に釣れるテクニックを教えてくれる海上釣堀動画がありますのでご紹介します。

それは、

海上釣堀テクニック満載の海上釣堀動画DVD講座

という海上釣堀動画です。

この海上釣堀動画講座では、釣り堀名人の坂口昇氏が
自身が使っている釣れるテクニックを教えてくれます。

言わばプロが使っているテクニックを学べるわけですから、
これ以上確かなテクニックはないと言っていいでしょう。

朝一や放流時はもちろん、青物を釣る時のテクニックも教えてくれますので、
海上釣堀に行く前に是非見ておきたい海上釣堀動画です。

海上釣堀動画で学ぶテクニック

海上釣堀の醍醐味は、手軽に高級魚を釣れる楽しみを味わえることです。

マダイにカンパチ、ブリにシマアジなどなど、釣堀の中には確実に魚がいるわけですから、

通常の釣りよりも当然釣れる可能性は高くなります。

釣る楽しさを存分に味わえますし、釣った魚は持ち帰って
美味しくいただけるのも海上釣堀の魅力です。

さてさて、そんな魅力的で楽しい海上釣堀ですが、
やっぱり釣れないことには楽しくないですし、
お金を払って釣りをするわけですからできるだけたくさん釣りたいですよね。

海上釣堀で高級魚をばんばん釣れるようになるには、
海上釣堀動画を見てテクニックを磨きましょう!

海上釣堀動画DVD講座

という海上釣堀動画講座があり、

釣り堀名人の坂口昇氏が自身のテクニックを惜しみなく伝授してくれます。

釣堀の中に魚がたくさんいるとは言え、
釣れるようになるためにはやはりテクニックが必要なのです。

海上釣堀動画を見て、釣れるテクニックを磨いて釣れる楽しさを味わいましょう!

海上釣堀の仕掛け

海上釣堀の仕掛けには、ウキはもちろん、クッション付きオモリ、
ハリス、ハリまでがセットになったものもあります。

初心者はこうしたものを使って慣れてきたら、
自分の好みに合わせて個別に揃えていくといいでしょう。

「釣り」というものがわかるようになると、次第に「こだわり」が生まれるものです。

初めは糸付きバリを使っていたのが、
いつの間にか自分でバラバリに糸を結べるようになるでしょう。

こうなると、さらに釣りが楽しくなります。

ハリの形の違いにも思いが及ぶようになりますし、
ウキの「感度がいい」という意味がわかるようになります。

そのころにはもうあなたは立派な「釣り師」といっていいでしょう。

海上釣堀に何度か足を運ぶうちに、腕をしびれさせる魚の疾走に魅了されることでしょう。

どこの海上釣堀でも、ほぼ同じタックルで楽しむことができますが、
初めは同じ海上釣堀に通い、そこでの釣りに精通するよう努めましょう。

そして、慣れてきたら「武者修行」に出ましょう。

様々な海上釣堀を知ることによって、
いかなる状況にも対応できるようになるはずです。

バラすと周囲に大迷惑

バラシ」とは、かかった魚を釣り上げるときに、逃がしてしまうことです。

大きな音を立てて魚が水中に落ちると、その周辺の魚たちは逃げてしまい、
警戒心も高まってしまいます。

海上釣堀では特に、周囲にたくさんの釣り人が並んでいるので、
このバラシをしてしまうと大きな迷惑をかけてしまいます。

バラそうと思ってバラシてしまう釣り人はいませんので、致し方ない面もありますが、
何点か注意することで、バラす確率を減らすことができます。

釣れないときこそ、頭を使う

海上釣堀は運に任せる釣りではありません。

爆釣するためには、魚たちの心理や習性を知り尽くす必要があります。

天候や自然現象により魚の活性そのものが鈍い日というのはどうしてもありますが、
そうでなければちょっとした工夫をすることで、急にアタリがやってくることがあります。

釣れないときにできる対処方法として、まずエサをローテーションしてみることです。

魚たちの好みは日ごとに変化します。

急に活性が高くなったら、そのエサが本日のアタリエサとなります。

また、タナを変えてみるのも一つの方法です。

ウキ止めをいちいち直すのが面倒であれば、
ウキを外したタックルでタナを探ってみてもいいでしょう。

釣れるチャンスは必ずやってくる

海上釣堀では一日に数回、放流が行われます。

たとえあなたが、手が滑ってバラシをやってしまい、
魚に警戒心をもたれてしまった場合でも、
再度放流が行われればアタリが来る確率が高くなります。

タイミングを逃さないように気をつけましょう。

海上釣堀の共通ルール

ご利用される釣り堀により、ルールは異なりますが、
ほとんどの釣り堀で共通しているルールがあります。

●竿は一人一本まで。

●針は1本針。

●ルアーや集魚器の使用は禁止。

●マキエは禁止。

●使用できるエサに制限がある。

●青物がかかった場合は釣れていない人は仕掛けを上げる。

 ※お祭り状態を防止するため。

特に、青物がかかった場合、周囲の釣り人は糸が絡まないように竿を上げてしまうので、
その間釣ることができません。

もし、青物がかかった場合はすみやかに引き上げることもマナーの一つです。

また、魚を集めて釣れば効率的ですが、マキエは禁止されています。

海上釣堀に行こうと思ったら

何事も、事前の下準備が肝心です。

利用する海上釣堀場について、以下の項目をチェックしてみてください。

・希望日を予約する

・レンタルできる釣り具や備品を確認する

・利用できるエサの種類を確認する

・営業時間とルールの確認

・利用料金を確認

・魚の放流回数と時間帯を確認

海上釣堀でマダイ・シマアジを狙う

道糸はナイロン製が弾力があり、お勧めです。

PE製は強度が高いというメリットはありますが、
絡まりやすく初心者には扱いづらいので注意しましょう。

狙うタナ:網の傾斜、底狙い

エサ:魚ダマ、生ミック、オキアミ、エビ、青虫など

ロッド:磯竿3号、船竿なら30号

リール:スピニングリール3000程度

道糸:ナイロン製5号以上

オモリ:クッション付きのオモリ

ウキ:2~3号の棒ウキ

ハリス:3号~5号

:伊勢尼10号

タグ

最新情報