生け簀


爆釣するために欠かせない作業

タナ取りは面倒かもしれませんが、爆釣するためには欠かせない作業です。

タナ取りができなければ、アタリも来なくなります。

ここをいい加減にしてしまうと、まぐれのアタリしか得られませんので、
しっかりと行ってください。

水深を正確につかむことで、狙った魚の位置を特定できます。

また、魚には傾斜を好む傾向があり、生け簀のネットの傾斜に群れが
固まっている場合もあります。

もし、ご自身でタナ取りが難しいようであれば、
あらかじめ釣り堀のスタッフにタナの深さを聞いてみると良いでしょう。

ターゲット別の居場所

生け簀の中はネットになっているので、中心部が一番深いタナとなっています。
魚の種類ごとに居場所が異なりますので、注意しましょう。

マダイ

青物が来ないエリアに固まっていることが多い。
ネットの底から約50cmくらい上を狙います。
ネットに引っかからないように気をつけてください。
生け簀の中央部も狙い目です。また、潮上にいることも多いようです。

青物

青物は生け簀の中をグルグルと回遊しながら泳いでおり、
どちらかというと潮下の浮遊物が溜まっている辺りが狙い目になっています。
浮遊物がなく、どこが潮下かわからない場合は、魚の群れが泳いでいる方向を見て下さい。
魚は潮に逆らって泳ぎますので、泳ごうとしている方向が潮下になります。

高級魚をザクザクと釣り上げる楽しさ

川釣りで手のひらほどの小魚しか釣れなかった人でも、
海上釣堀ではびっくりするような大物を釣り上げることが可能です。

テクニックは必要ですが、腕の力が弱い女性や子供でも釣り上げられます。

マダイ、ヒラメ、シマアジなどは、船を持っている漁師でもなければ、
一般の人が気軽に釣れる魚ではありません。

ですが海上釣堀なら、あらかじめ生け簀の中に放たれた高級魚を、
腕次第でいくらでも釣り上げられるのですから、面白いことこの上ありません。

天候と潮の流れを読む

生け簀の中の魚を釣るとは言え、魚の活性はその日の天候や水温、潮の流れによって変化します。

気温の低い日であれば、日射しのある場所の水温が高くなるので、
魚たちは少しでも温度の高い場所に集まります。

また、魚には水の流れに逆らって泳ぐ性質があるので、
潮上を狙うことでアタリを得る確立が高くなります。

タグ

最新情報